[PR]

『攻殻機動隊 SAC_2045』について書きました

[PR]

 SPICEに『攻殻機動隊 SAC_2045』のレビューを書きました。

 『攻殻機動隊 SAC_2045』は新たな時代の人間像を描けるか。「2045年」と「ポスト・ヒューマン」が示すもの | SPICE – エンタメ特化型情報メディア スパイス

 2045年が舞台であるのはどうしてか、そして「ポスト・ヒューマン」とは何かについて書いています。レイ・カーツワイルの著書『シンギュラリティは近い』を引用して今回の攻殻の狙いはこういうことなのでは、という点を考えてみました。

 そろそも、僕らは本格的に「人間以後」の世界について議論しないといけない時代になっているのではと思います。本作がその議論を活発化させるような作品になるかどうか注目しています。

 まだ、物語が完結しておらず、現時点で作品の評価をするのは難しいので、作品としての評価はシーズン2に持ち越しです。

 本作配信に合わせて始まったコラボイベントについても書いていますので、合わせてお読みください。