[PR]

「ダンメモ」原作者大森藤ノさんと開発Dに取材してきました【ダンまち】

[PR]

 アニメ!アニメ!で、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)』のスマホゲーム「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~(ダンメモ)』の新イベントに向けて、原作者でゲームのシナリオも担当している大森藤ノさんと、開発ディレクターDさんにインタビューしてきました。

 「ダンメモ」“過去最大のボリューム”で綴られる4周年イベント―原作者・大森藤ノと開発Dが語る「アエデス・ウェスタ」誕生秘話【対談インタビュー・前編】 | アニメ!アニメ!

 こちらの記事は前編となっておりまして、ストーリーのネタバレはしていないものになります。後日後編がアップされますが、それはネタバレありでいろいろ語って頂いています。

「ダンメモ」は、期間限定のイベントストーリーが、非常に長大なんですが、今回も史上最長なのではという勢いです。それが有名声優のフルボイスで楽しめるので、すごいですね。

 かなり『ダンまち』本編の重要な部分にも関わるようなネタを繰り出してくるのも特徴で、ファンの満足度がかなり高いゲームと思われます。前編では、企画がどう成り立ったのか、アニメや映画とのかかわりなどいろいろ聞いています。

 大森さんに取材させていただくのは二回目となりますが、今回もたくさん面白いお話を聞かせてもらえました。取材しがいのある方です。また来年もやりたいです。

 後編の記事はこちら。ネタバレあるのでご注意ください。